慢性腎不全で障害厚生年金2級が決定、年間約173万円決定した事例

相談者:男性(50代)
傷病名:慢性腎不全 
決定した年金の種類と等級:障害厚生年金2級  
年金額:約173万円

相談時の状況

ご本人様よりお電話でご相談いただき、後日ご自宅にお伺い致しました。

初診時に、倦怠感より急逝膵炎にて入院、血液検査の結果、糖尿病、高血圧、腎不全と投薬が続き、以後、Cr血糖数値は改善せず悪化の一途を辿り、4年後に人工透析の準備シャント造設となる。

相談から請求までのサポート

透析が始まりご連絡を頂きました。すでに、週3回(約3時間~4時間)の透析通院を欠かすことが出来ず、就労にも支障をきたしていらっしゃいました。。

初診よりお話をお伺いしたところ病院の転医は無く受診状況証明書もスムーズに取得出来ましたが、病歴・就労等申し立て書の作成でヒヤリングを行いましたが病歴を殆どお話頂けず、やむを得ずカルテ開示を行い、主に血液検査の数値(HbA1c、血糖値、Cre、eGFR)をどのように悪化して透析に至ったかを年時ごとに示しました。

腎不全の方は、病歴が長いことが多く、初診証明が最大の難関です。丁寧なヒヤリングと諦めない姿勢で当時の状況を確認することが大切です

結果

 障害厚生年金2級が認められました。

人工透析には長い治療を余儀なくされます。この様な環境で働き続けることは大変です。

障害年金の受給により大変感謝をされました。

お問い合わせフォーム

お名前

メールアドレス

メールが届かない場合がございますので、電話番号のご入力をお願い致します。

お電話番号

年齢

お住まい

傷病名

問い合わせ内容

無料相談を申し込みたい受給できるかどうか知りたいその他(自由記入)

その他の方は下記にご記入ください

現在関連ページはありません。