第三者証明により初診日が認められ、障害基礎年金2級が決定した事例

相談者:女性(30代) 
傷病名:躁鬱病 
決定した年金の種類と等級:障害基礎年金2級
年金額:約100万円

相談時の状況

当ホームページをご覧になり、ご本人からお問い合わせをいただきました。

以前にも第三者証明の申請でご相談を頂き第三者申請の仕方をご指導致しました。当時は自身で申請され不支給でした。その結果をもって満を持してのご相談です。

お子様が小さいことも有りご自宅で面談し、正式にご依頼を受けました。

相談から請求までのサポート

よくお話をお伺いすると、随分前から発症しておりご本人ですら記憶が曖昧な程でした。

記憶を辿っていくと初診日が12年以上前の大学生の頃であることが分かり、初診医療機関に問い合わせると当然当時のカルテは既に廃棄しているという回答でした。

20歳よりも前に初診日がある場合、第三者証明によって初診日を申し立てることが可能です。

今でも交流のある当時の友人にお願いし、当時の様子や受診状況をご記入いただくことが出来ました。病歴が長いため、病歴就労状況等申立書の作成にあたっては何度もお会いしてヒアリングを行いました。ご本人だけではなくご友人にもご協力いただき、発症後から現在の様子までしっかり記載することが出来ました。

もう一つの問題点として、「主治医が自分の病状を把握していないかもしれない」と感じており大変不安を感じていました。ヒアリングした内容から「日常生活状況聴取票」を作成し、診断書依頼の際に、医師に一緒にお渡ししました。その結果、実態に沿った診断書を作成していただくことが出来ました。

結果

障害基礎年金2級の受給が決定しました。

本人はもとより、ご家族やご友人も大変安心された様子が印象的でした。お電話やメールで何度もお礼のお言葉をいただいた上、感謝のお手紙までいただきました。

お問い合わせフォーム

お名前

メールアドレス

メールが届かない場合がございますので、電話番号のご入力をお願い致します。

お電話番号

年齢

お住まい

傷病名

問い合わせ内容

無料相談を申し込みたい受給できるかどうか知りたいその他(自由記入)

その他の方は下記にご記入ください

精神疾患うつ病の関連記事はこちら