神経症(強迫性障害)で障害基礎年金2級が決定、年間約78万円、5年間遡及額431受給決定した事例

相談者:女性(30代) 
無職 
傷病名:強迫性障害 
決定した年金の種類と等級:障害基礎年金2級  
年金額:約78万円、遡及額431万円

相談時の状況

 お電話でご相談いただき、ご自宅へお伺い致しました。

相談から請求までのサポート

 ご両親より養育を見放され以後離婚。辛い家庭環境の中、次第に対人に悩み集団に入れず孤立した学生期を過ごし無気力な状態、そして必要な習慣行動が目立ちはじめ、神経症(強迫性障害)を発症されました。 

過去の記憶を思い出しにくいとの事で、何回もご自宅にお伺いしながら過去のことから時間をかけて聞き取りをしました。その内容をしっかりと医師にお伝えし、病歴・就労状況申立書にも記載しました。 又、神経症は、障害認定基準にて、神経症は原則認定の対象にしないとのことより、日本年金機構へ診断書の補足と致しまして、従来の裁決例を基に神経症特有の「疾病利得」「自己治癒可能性」に反論する申し立て書を添付し、更に、医師に診断書を依頼する際、病院に同行しました。

結果

 障害基礎年金2級に決定し、5年間の遡及も認められ喜んで頂けました。「今迄の苦労が報われた」と喜んで頂けました。 障害年金の審査は、書類審査です。したがって、診断書や病歴・就労状況等申立書等の書類の内容がそのまま審査結果に反映します。

特に、神経症では障害認定基準に反論する対応が求められます。更に、一人では病歴を思い出すのが困難でも、専門家による障害年金のポイントに沿った質問や、一緒にお話をすることで少しずつ思い出せることもあるはずです。そんな時こそ、まずは経験豊富な専門家へ相談ください。

お問い合わせフォーム

お名前

メールアドレス

メールが届かない場合がございますので、電話番号のご入力をお願い致します。

お電話番号

年齢

お住まい

傷病名

問い合わせ内容

無料相談を申し込みたい受給できるかどうか知りたいその他(自由記入)

その他の方は下記にご記入ください

 

 

神経症精神疾患の関連記事はこちら